製造工程

精 毛

ドイツLORCH社製スチームパワーアップシステム

ドイツLORCH社製 2ライン スチームパワーアップ羽毛精毛装置

高さ3mにもおよぶ、スチーム乾燥装置と、四季を通じて同じ湿度で除湿冷却、除塵が出来る装置を使うことで、海外から輸入された羽毛は、羽毛本来の機能を取り戻し、さらに工程の中で色々な機能を羽毛に持たせることで、多機能なフレッシュ精毛に加工出来ます。

スチーム乾燥装置 除湿冷却 羽毛収納サイロ 集塵装置

充 填

自動計量充填機

スチームパワーアップされた精毛は、自動搬送システムに より、6台の各自動計量充填機タンクに投入され、日産600枚のマチ付羽毛布団が生産可能です。

羽毛を種類ごとに分けることで、多種多様な羽毛品種と、多様な重量の計量充填が出来ます。
1枚のふとんすべてのマス重量を変えて充填することも可能です。

さらにオゾンの持つ殺菌・消臭の作用を精毛に施し、最後に高性能の検針機にかけ、最終検品仕上げとなります。

作業風景 高性能検針器 オゾン発生器

縫 製

003縫製イメージ

生地を検反後、生産枚数により作業工程が異なります。

量産する縫製は、約10トンの大型自動縫製機を使い、縦、横のマチ縫製やタタキ縫い、裁断を自動で行います。
複雑な縫製や小ロット生産は、TSSシステムでジャスト イン タイムの縫製を行います。

TSS縫製システムは1988年に導入して、多品種小ロットの縫製を立縫いで行うようになりました。

大型自動縫製機は、条件にもよりますが、日産300枚の立体マチ付加工が可能で、競争力のある生産が可能となります。